緊急車両・模型・ウサギをこよなく愛でるブログ
by j-birdpuri
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
堺×松原
今日は朝から断続的な雨。

ぬう、天気予報ではそんなこと言ってなかったのに・・・(;´Д`)

しかし、昼前からは青空も見える状況になったので、昼食を兼ねたサイクリングに出かけることにしました。



c0063613_1652473.jpg
出撃前に、自宅横にて寝ている野良猫を発見。
熟睡してるのか、何を言っても寝覚めませんでした(;´Д`)



さて、八尾方面に行こうか岸和田方面に行こうか悩んだ末、風の状態(西の風)から南へ行くことに決定。
まずは西区・鳳西町のラーメン「横綱」にて昼食。


食後、岸和田に向けてサイクリング再開したところで、北区常磐町方面での警戒事案を受信。

実は、出撃前から情報はあったものの、大した事案ではないと思ってたんですよ。
しかし、局・指揮隊が編成されたことからも、軽微な事案でないとこは明らか。

そんなわけで、高石市西取石から急遽反転北上。
現場へと向かうことにしました。


c0063613_16554829.jpg
途上、鳳駅にある日根野電車区鳳派出所にて、103系の継ぎ接ぎ電車を撮影。

十数年前までは各地のお古電車が混在しているのが当たり前だった阪和線ですが、未だにこんな電車が存在しようとは・・・;


撮影後、和泉泉南線へと入り、塩穴通りから百舌鳥経由で中央環状線へ。
途中、同じ現場へ向かう局・指揮隊車と資機材搬送車(大型)に緊急走行で抜かれる。

・・・あぁ、撮影の判断間違ってしまった・゚・(つД`)・゚・



さらに走ること十数分、現場へと到着。



c0063613_1722678.jpg
現場は北区常盤町3丁地先にある、府立・今池水みらいセンターの放水口。
ここから大和川に多量の油が流出していました。


c0063613_1755653.jpg
オイルフェンスに取り付けるアンカーを搬送する、北消防署の救助隊員さん。


c0063613_1765427.jpg
ちなみにこの現場、センター自身は松原市内にあり、放水口が堺市内にあるため、双方から消防隊が出場し共同して活動しておりました。


c0063613_1784051.jpg
放水口前に展張されたオイルフェンス。


c0063613_179578.jpg
さらに二重にオイルフェンスを展張します。


c0063613_17104558.jpg
しかし、放水口の流量が多く、せっかく展張したオイルフェンスの下をくぐって流出する油・・・。


なお、この油は当センターそのものから流出したものではなく、松原市内の某工場から漏洩、用水路を経由して当センターに到達したエンジンオイルとのことです。


c0063613_17135030.jpg
オイルフェンス間に溜まった油に向かい、吸着マットを投げ入れる松原消防と堺消防の隊員さん。


その後、これ以上の流出阻止は不可能と判断し、両消防とも撤収に取り掛かったため、わたしも現場離脱し帰宅しました。



c0063613_1722441.jpg
現場にて、堺市消防局・本部の資機材搬送車(大型トラック)。


c0063613_17233612.jpg
こちらは松原市消防本部の資機材搬送車(軽トラ)。



c0063613_17163990.jpg
本日の総走行距離は32kmでした。



さて、明日は午後から「第26回大阪の消防大賞授賞式」に参列してまいります。
あいにく雨の予報のため、電車で行ってまいります。



<オマケ>

作業用BGMにしようと思ったら・・・。


・・・作業妨害すぎるわww

by j-birdpuri | 2011-07-02 16:43 | 日記 | Comments(3)
Commented by 西消6 at 2011-07-02 20:40 x
103系の混色の車両つい最近まで、大和路線走ってましたよ!

最近は、201系にかわって、中吊り広告がモニターになって時代を感じてますw
Commented by EYW at 2011-07-03 20:43 x
ハイゼットの軽トラ、なぜに荷台が狭い「ジャンボ」なんだろう…?
車内は多少広いものの、資材運搬車なら荷台重視の方がいいのでは?
と思ったりしました~
Commented by カーファンズ at 2011-07-04 12:31 x
ハイゼットジャンボはキャブ内の居住性を重視するユーザーのために作られたモデルで1983年より発売されています。
キャブのハイルーフやバックパネルを延長する事で、居住性が向上し、シートにリクライニング機構を装備する事で運転ポジションも向上。
現在はバックパネル下部をえぐられる事により、荷台が長くなっています。
<< 第26回「大阪の消防大賞」 インプ >>